2014年02月10日

南流山アーリーバレンタイン大雪の中で開催

2月8日、午後3時から南流山のアーリーバレンタインが始まった。すでに関東地方は大雪警報がなっていたが、積もりゆく雪の中男女30名ほどが会場である南流山センター集まってきた。会場は料理教室でチョコレートケーキ作りを始めた。粉をこねてオーブンで焼き上げチョコを湯煎して流し込んだり、男女和気藹々と作業を続けていた。何か小学校の料理の授業のような雰囲気で思いの外に会話が弾んでいた。
話が弾むという条件は狭い範囲でグループの距離も近いようなものが必要であるように思う。どうしても見ず知らずの人が話すと言うことは障害が多い。隣のグループがわいわいやっているとどうしてのその勢いが周りのグループにも影響が出るようだ。いろんな手違いがあったが、ケーキ作りは大成功だった。できたカップケーキをラッピングしてそれぞれ持ち帰ってもらった。
第2部として南流山ライブスペースNYに移動してライブ&トーク&カクテルパーティが始まった。バンドの演奏とカクテルは男女の壁を壊していた.テーブルごとに楽しい会話が繰り広げられていた。
すでにこの移動で猛烈な粉吹雪に見舞われていた。関東地方では20年ぶりの大雪が本格化してきていた。武蔵野線の南流山駅では電車が立ち往生していた。
今回の婚活の新たな試みは気になる相手をチェックしてもらい、それをそれぞれの相手にバックする試みだ。これまではチェックした相手も同じようにテックしたらカップルの成立を確認したのだが、今回は個々人にバックしてその後メールでオーケーを事務局にあげる仕組みを作った。その結果30人近くから7組のカップルが成立したという成果があった。
ライブハウスの雰囲気も良かったようで、7時過ぎには解散となったが話し込むメンバーが多く残って、家に帰るのが大幅に遅れる人が出たようだ。
次の日に良い集まりだったとメールを頂いた。男女の出会いができるような集まりをこれからも進めていく積もりだ。


DSC_0228.JPG
posted by 闘婚.net at 17:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: